「中国地方のお酒」

大山を中心になだらかな山系が東西に走る中国地方。
石灰質の地層で磨かれた軟水寄りの水系で、醸される酒質は華やかな香りとしっかりとした味わい。
また、暖かく過ごしやすい平野側と、冬には雪深くなる山地側で味わいも大きく異なり、こうした地域特性からとてもバラエティに富んだ様々なお酒を楽しむことができます。
日本海側ではすっきりとしたお酒が主流で、瀬戸内海側では濃厚でコクのあるお酒が主流といわれていますが、どちらも高品質な酒造りが魅力です。

旭酒造株式会社

【獺祭 純米大吟醸45】♦精米歩合:45% アルコール分:16度

山田錦を45%まで磨いたことにより、雑味の少ない透明感のある喉越しで、旨味の印象が強い。
米本来の繊細でふくらみのある甘い香りと、マスカットや林檎のような華やかな吟醸香。
口当たりはなめらかで甘みと旨味のバランスが良く、かすかに感じる苦味が全体を引き締めています。
繊細に、時として力強い、米と蔵元の技術力が織りなす獺祭のスタンダード。
 

【旭酒造 公式ホームページ】

竹鶴酒造株式会社

【竹鶴 純米大吟醸 -生酛-】♦精米歩合:40%、アルコール度:18度

お米の旨みをベースに、雑味の無いキレイな酒質にこだわった大吟醸の無濾過純米原酒。
木桶仕込みと熟成により口当たりまろやかで上品な味わいと、濃醇で深みのある旨味が特徴。
「ワインみたい」でも「フルーティ」でもない、米の酒だと実感できる純米大吟醸。

【竹鶴酒造 Facebook】

簸上清酒合名会社

【七冠馬 純米大吟醸】♦精米歩合:40%、アルコール度:18~19度

厳選された島根県産酒米「佐香錦」を40%まで磨き込んで醸したまろやかな大吟醸です。
果実のような酸味と甘みがありシャインマスカットのような味わいで、後味に爽やかな印象が残るすっきりした喉ごしが特徴です。

【簸上清酒合名会社 公式ホームページ】

相原酒造株式会社

【雨後の月 純米大吟醸】♦精米歩合:40%、アルコール度:16度

低温でじっくりと丁寧に醸し、香り華やかな吟醸香とともに独特の柔らかで豊かな味わいが広がります。
フルーティーな口当たりは、日本酒の吟酸感も残しながら優しい感じに仕上がっています。
軽快で気品あふれる味わいのなかにも一本芯の通ったキレも感じられ、すっきりとした透明感のある純米大吟醸です。

【相原酒造株式会社 公式ホームページ】