「関東のお酒」

関東地方は、蔵元の数は少ないですが富士山、丹沢山系、赤城山、筑波山などの山地からの恵みである湧き水や鬼怒川や利根川、那珂川、玉川上水などの伏流水など豊富な水源や川の水などを仕込み水として、受け継がれた技術によって質の高い日本酒が生み出されています。

石川酒造株式会社

【多満自慢 純米大吟醸】♦精米歩合:35%、アルコール分:16度、原料米:山田錦
蔵人がじっくり時間をかけて造る純米大吟醸。
キメ細やかで、純米酒ならではの芳醇でフルーティーな香りが特徴です。
口当たり柔らかでありながら、しっかりとした旨みで後味すっきり。
味に幅のある、飲み飽きしないお酒です。

【石川酒造 公式ホームページ】

小澤酒造株式会社

【澤乃井 純米大吟醸】♦精米歩合:50%、アルコール度:15度
凛と立ち上るような華やかでインパクトのある、果実のような吟醸香。
口に含んだ時に感じる、柔らかいながらも豊かな味わいと、米のしっかりとした旨みと余韻が特徴の純米大吟醸。

【小澤酒造 ホームページ】

牧野酒造株式会社

【大盃 純米大吟醸】♦精米歩合:50%、アルコール度:16.5度
小仕込みで、低温長期にわたり丁寧に醸された純米大吟醸。
穏やかで品の良い果実香と、ふくよかな味わいが絶妙に調和した逸品です。

【牧野酒造 公式ホームページ】